フランス語で依頼

2013年04月03日

フランス語で依頼

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

imageCAJW2RZ7.jpg


フランス語で、依頼する表現はいくつかありますので、まとめて覚えましょう手(グー)

(1)s'il vous plaît(シル ヴ プレ)
最も基本的な言葉は、s'il vous plaît(シル ヴ プレ)で、単語や文章の後に付けてください。

意味は「〜をお願いします」「〜してもらえますか?」になり、英語のpleaseに当たります。

例えば、

Un the glace s'il vous plait.(アン テ グラッセ シル ヴ プレ):アイスティーをお願いします。

Parler plus lentement s'il vous plait?(パルレ プリュ ロントゥモン シル ヴ プレ):もう一度ゆっくり言ってもらえますか?

S'il vous plaît!(シル ヴ プレ):すみません!お願いします!レストラン
このように単独で使うと、レストランなどで店員さんを呼ぶ時に、「ちょっとすみませんが!」というニュアンスになります。

(2)Pouvez-vous〜?(プヴェ ヴ〜)
そして、s'il vous plaîtよりも、もっと丁寧にお願いしたい時は、Pouvez-vous〜?(プヴェ ヴ〜)+動詞のフレーズを使いましょう。

「〜して頂けますか?」「〜してください」という意味で、固い表現です。

Vous pouvez 〜?(ヴス プヴェ)や、Est-ce que vous pouvez〜?(エ ス ク ヴプ ヴェ)という言い方もできますが、 一番丁寧な表現は、やはり、Pouvez-vous〜?(プヴェ ヴ)になります。

Pouvez-vous nous prendre en photo?(プヴェ ヴ ヌ プホンドル オン フォト):写真を撮って頂けますか?

この例文のように、他人にお願いして写真を撮ってもらう時などは、このフレーズがピッタリですよグッド(上向き矢印)

(3)Pouvez-vous〜s'il vous plaît?(プヴェ ヴ〜シル ヴ プレ)
(1)と(2)の表現を、同時に使うことも出来るんですね。

Pouvez-vousだけでは固すぎますが、文末にs'il vous plaîtを付けると、語調が和らぐという効果があります。

Pouvez-vous parler plus lentement s'il vous plait?(プヴェ ヴ パルレ プリュ ロントゥモン シル ヴ プレ):もう一度ゆっくり言ってもらえますか?

(1)と同じ例文で、日本語に訳しても同じになりますが、微妙に語調が違い、フランス人の会話を聞いていると、使い分けがだんだん分かってきますよ手(チョキ)

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by フランス語会話ゆみ at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。