フランスのカフェ

2013年03月29日

フランスのカフェ

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

フランスのレストランとはまたメニューが違い、日本のカフェ・喫茶店とも事情が違う、フランスのカフェ。

何も知らずに入ると思う存分楽しめませんので、単語や予備知識を身に付けておきましょうペン

(1)boissons chaudes(ボワソン・ショード):温かい飲み物
・café(カフェ):コーヒー
直訳するとコーヒーですが、フランスでは「エスプレッソ」が出てきますので、注意してください。

・express(エクスプレス):エスプレッソ 
これは正にエスプレッソのことですグッド(上向き矢印)

・café américain(カフェ・アメリカン):コーヒー
この表現が、日本で言ういわゆる「コーヒー」、日本でいつも私達が飲んでいるあの薄さのコーヒーになります。

メニューにはあっても、現地のフランス人は、これは頼まない、やはり、caféかexpressを頼むんです。

・café noisette(カフェ・ノワゼット):ミルク入りエスプレッソ

・thé nature(テ・ナチュー):紅茶喫茶店 
お店によっては、thé(テ)だけ書かれていることもあります。

・infusions(アンフュージョン):ハーブティー

・chocolat(ショコラ):ココア 
フランス語で、chocolat(ショコラ)はチョコレートと言う意味ですよね。

“ココア”と訳しましたが、正に“チョコレートを溶かした飲み物”という感じで、日本で言うココアより甘くてほぼチョコレートに近いと考えると良いです。

(2)boissons froids(ボワソン・フロワッド):冷たい飲み物
・café glacé(カフェ・グラセ):アイスコーヒー
日本では、特に夏などに普通に飲みますが、フランスではこれはあまり見かけませんダッシュ(走り出すさま)

アイスコーヒーがあるお店はとても少ないと覚えておきましょう。

・thé glacé(テ・グラセ):アイスティー
日本のそれとは、味が違う、もっと甘くてフルティーな感じになります。

・citronnade(シトロナード):レモネード満月
limonade(リモナード)と書かれていることもありますが、同じ物ですね。

・cidre(シードル):リンゴ酒
日本ではちょっと珍しいですが、フランスのカフェでは多々あります。

・coca(コカ):コカコーラ

因みに、フランスでは、全体的に温かい飲み物が多いです。

お国柄なのか、冷たい物を飲む人が少ない、温かいものか常温のぬるい物を好む人が多いんですね。

(3)buffet(ビュフェ):軽食ファーストフード
フランスのカフェにも、飲み物だけではなくて、勿論、ちょっとした食べ物も置いてあります。

・sandwich jambon(サンドウィッチ・ジャンボン):ハムサンド

・gratin(グラタン):グラタン 

・omelette(オムレット):オムレツ 

・Salade de fruit (サラード・ドゥ・フリュイ):フルーツ・サラダ

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by フランス語会話ゆみ at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。