身近なフランス語

2013年03月23日

身近なフランス語

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

フランス語というと、フランス旅行に行かなければ使う機会もないちょっと遠い感じの言語ですが、実は、日本語で普通に使っているが、意外にもフランス語!、というのもけっこうあるんですね。

特に、芸術、ファッション、食の分野に多いです。

そんな身近なフランス語を見つけてみるだけでも、勉強になり、フランス語学習がまた一段と楽しくなりますよ手(チョキ)

(1)芸術
・objetオブジェ
英語では、objectですが、“作品・物体”の意味で使っている言葉は、フランス語なんですね。

・crayonクレヨンペン
日本語でクレヨンと言うと、よく子供が使う色付きのお絵かき道具ですが、フランス語では“鉛筆”の意味になります。

・atelierアトリエ
画家や彫刻家の仕事場、工房のことです。

・dessinデッサン

・croquisクロッキー
これら3つは、何となく外国語だと分かって使っていましたが、フランス語だったんですよね。

やはり、芸術の都・パリですアート

(2)ファッション
・juponズボン
フランスでは、“ペチコート”のことを言います。

・boutiqueブティックカバン
ブランド品を売っている高級店や、小規模なお店のことですね。

・mode流行、ファッション

・Eau de Cologneオーデコロン 
いわゆる“香水”ですよね。

日本語でコロン、コロンと言っていますが、フランス語でケルン=ケルン産地、という意味なのです。

・appliquéアップリケ

・décolletéeデコルテ
首筋から胸元にかけての部分を言い、よくマッサージ店やエステ店で“デコルテマッサージ”などと使われますが、フランスではファッション業界の用語になります。

・béretベレー
“ベレー帽”のベレーです。

(3)食
・chocolatショコラ
フランスでは、チョコレート、チョコレート飲料、ココア・チョコレート色、の意味で使います。

・Mont-blancモンブラン
直訳すると、“白い山”になります。

Montが山、blancが白、という意味です雪

・éclairエクレア
フランス語では、エクレール、と発音します。

・hors d’œuvreオードブル
フランス読みだと、オルドゥーヴルです。

前菜のことで、フランス料理で食事の最初に出される、サラダ、マリネ、チーズなどですねレストラン

・bistroビストロ
気軽に食事やお酒を楽しめる、カジュアルスタイルの西洋式レストランのことです。

・croissantクロワッサン三日月 
フランスでは、クルワサンと発音します。

元々は、三日月の意味で使われていました。

・mayonnaiseマヨネーズ
これもフランス語なんです。

勿論、まだまだ沢山あり、encoreアンコール(コンサートなどで「もう一度!」と求める時)や、métro地下鉄もフランス語です地下鉄

ここには書ききれないほどありますので、もしや!?と思うのがあれば、辞書で確認してみましょう。

フランス語の語彙が増えますよグッド(上向き矢印)

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by フランス語会話ゆみ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。