フランス語の形容詞

2011年12月05日

フランス語の形容詞

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

フランス語の形容詞は、修飾する名詞の性別や、単数形か複数形によって語尾が変化します。

女性名詞を修飾するには、多くの場合、形容詞の語尾に−eをつけます。


多くの場合・・・と書いたように、ここでもフランス語が得意とする『例外』があります。あせあせ(飛び散る汗)

代表的なものをいくつか挙げてみます。

例) 日本語 ⇒ 男性形 ・女性形

嬉しい ⇒ heureux  ウルー   heureuse  ウルーズ

良い  ⇒ bon  ボン        bonne  ボンヌ

白い  ⇒ blanc ブラン      blanche ブラーンシュ

甘い  ⇒ doux  ドゥ       douce ドゥース

長い  ⇒ long  ロン       longue ローング


これらは、女性形にする時に、ホンの少し手直しを加える・・・という感じですが、

中には女性形と男性形では、かなり形が違う形容詞があります。

例)日本語 ⇒ 男性形 ・女性形

美しい    beau ボ         belle ベル
 
新しい    nouveau ヌヴォ    nouvelleヌヴェル

古い(年をとった)vieuxヴィュ     vieilleヴィェィュ


例えば、素敵に装った人を褒める時、

相手が男性なら

     Tu est beau.  テュ エ ボ

・・・と褒め、

女性なら 

    Tu est belle. テュ エ ベル

・・・と褒めます。

相手が複数の場合、その中に一人でも男性がいたら、形容詞は男性形になります。

他には・・・

かっこいい自転車(velo)は男性形なので「beau!

かっこいい自動車(voiture)は女性形なので「belle!」

素敵な家(maison)は女性形なので「belle!」

・・・と賞賛します。

フー・・・フランス語で褒めるのってちょっと大変です。。ふらふら

日本人は褒められると、「そんなことないですよ。」と謙遜しますが、

フランス人は、褒めると、「Merci(メルシー、ありがとう)るんるん」と応えます。

私たちも、フランス人に褒められたら、笑顔で「Merciるんるん」と応えたいですね。わーい(嬉しい顔)

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by フランス語会話ゆみ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。