フランス語 形容詞の活用

2011年12月01日

フランス語 形容詞の活用

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

フランス語の形容詞の特徴は、

名詞の直後に置くことと、名詞の性によって形が変わること

名詞の性によって形が変わる・・・とは、どういうことでしょう。exclamation&question

シャープダイヤル例えば・・・

金髪の男性 は、 un homme blond アノム ブロン

金髪の女性 は、 une famme blond ウヌ ファム ブロンド

と、多くの場合女性名詞を修飾するけ形容詞は、語尾に−eをつけますひらめき

そして、更にフランス語の形容詞は、名詞の数によっても形が変わります。

シャープダイヤル例えば、

金髪の男性達 は、 des homme blonds  デゾム ブロン

金髪の女性達 は、 des famme blonde デ ファム ブロンド

のように、形容詞の語尾に−s をつけます。ひらめき

辞書に載っている形容詞を、そのまま使えるのは、男性名詞の単数形に限ります。

それ以外の場合は、語尾に“何か”をつけなくてはいけません。


かわいいpetit(プティ・小さい)を例に形容詞の活用をまとめますと・・・

男性名詞・単数⇒ そのまま  petit プティ

女性名詞・単数⇒ 語尾にe  petite プティット

男性名詞・複数⇒ 語尾にs  petits プティ

女性名詞・複数⇒ 語尾にes petitesプティット


となります。

直接名詞を修飾しない、『主語 + 動詞 + 形容詞』 の場合も、形容詞は主語の性別と数によって変化します。

和也は大きい。    Kazuya est grand.

真由美は大きい    Mayumi est grand

また、外国に旅行すると、「どこの国の人ですか?」と聞かれる時がよくあります。

そんな時、英語なら、あなたが男性でも女性でも

I’m Japanese.トイレ

と答えます。

しかし、フランス語の場合、  「 japonais ジャポネ・日本の」は、話し手の性別によって変わるので、 

あなたが男性なら Je suis japonais  .ジュ スィ ジャポネ

女性なら     Je suis japonais .ジュ スィ ジャポネーズ

と答えてください。

フランス語とは、常に、どんな時も「性別」をとても重んじる言語なのですね。るんるん

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


 


posted by フランス語会話ゆみ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。