フランス語の命令形

2011年11月08日

フランス語の命令形

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

一日中子供達から 「ママ〜〜〜」 「ママ〜〜〜」 と呼ばれている私。

そんな私の口癖は 「Attend! Attend!(アトン! アトン!)」

これは フランス語の命令形で 「待って!待って!」 という意味です。

フランス語の命令形を勉強する前に、英語の命令形を思い出してみてください。

英語の命令形は、『動詞の原形』 でしたね。

例えば、 歩け  ⇒ Walk!

     走れ  ⇒ Run!

It’s easy・ 簡単ですね。

フランス語の命令形は、少し違います。

フランス語の命令形は、命令する対象に応じた人称の動詞の活用形を使います。

・・・噛み砕いて説明しますね。

命令したい事柄は、第二群活用動詞 「choisir 選ぶ」を使います。

命令する対象の人称は、通常3つです。

@ あなた (tu または 尊敬語のvous)    選びなさい! 

A あなたたち (vous)             選んでください。    

B 私たち  (nous)              選びましょう。


英語では、自分も含めた仲間 (we) に対する 「〜しましょう」 という働きかけは、Let’s〜 で表現しましたが、フランス語は命令形で表します。

さて、このtu,vous,nous 普通に「choisir 選ぶ」を使って肯定文を作ると、

Tu   choisis.      テュ ショワズィ

Vous choisissez.   ヴ  ショワズィセ

Nous choisissons.  ヌ ショワズィソン

となります。

命令形は、ここから 「主語」を取ったものになります。

つまり、

あなたに対しては・・・ Choisis!  選びなさい。

あなたたち(または尊敬語のあなた)に対しては ・・・ Choisissez! 選んでください。歩きなさい。

私たちに対しては ・・・  Choisissons! 選びましょう!

となります。

記事の一番最初に出てきた

「Attend! (待って)」 は、動詞 attendre を活用したものです。

これも、子供一人に対しては、「Attend!」 ですが、子供達に言う時は、相手が複数になるので「Attendez!」 になります。

相手によって言い方が変わる・・・

面倒なようですが、動詞の活用がちゃんとできれば簡単です。 グッド(上向き矢印)

言い換えれば・・・動詞の活用ができないと、ものすごく難しいです。 バッド(下向き矢印)

というわけで、「動詞の活用」が基礎になるので、しっかり見直してくださいね。目

ただし、語尾がーerで終わる第一群活用動詞の命令形は、tuに対する場合は、活用語尾のーsを取ることに注意してください。

★例) marcher(歩く) マールシェ の活用はこうです。

Tu marche.   マールシュ

Vous marchez. マールシェ

Nous marchons.マールション

命令形は こうなります。

Marche!  歩きなさい。

Marchez! 歩いてください。歩きなさい。

Marchons! 歩きましょう!

tu に対する命令文は、−sが取れていますね。

ただ、−sは、もともと発音しないので、肯定文marchesも命令文Marcheも、発音は同じです。

■命令形につく言葉。

命令形と書きましたが、これは依頼形でもあります。

例えば、「acheter(買う)」 の 命令形(単数) achete は、「買いなさい」 の時もあれば 「買ってください」 の時もあります。

以来の時は、相手に一言付け加えると より丁寧な言い方になります。

英語も、命令形の後に please をつけていますよね。  

例)Open the door please. ドアを開けてください。

フランス語のそれは、みなさんも耳にしたことがあると思いますが・・・

s’il vous plaît シィル ヴ プレ

Achetez s’il vous plaît. 買ってください。お願いします

シィル ヴ プレ〜〜   う〜ん、フランス語らしい響き ♪

よく見ると、s’il vous plaît の中にvous という単語が見えますね。

実はこれvous が対象の命令形だけにしか使えません

tu が対象の命令形には、 s’il tu plaît   を使います。

Achète s’il tu plaît,maman. ママ〜〜買って〜お願い。

nous は 対象に自分も入っているので、丁寧語は使いません。

家庭では、よく子供達が 「Donne!(ちょうだい)」 「 Allume la télé(テレビつけて)」とか言った時に、親から 「 s’il tu plaît(お願いします)は!?」と催促されています。

お願いしますは、相手に気持ち良く動いてもらうために是非付け加えたい一言です。かわいい

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by フランス語会話ゆみ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。