フランス語の主語

2011年10月05日

フランス語の主語

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

「お腹空いた〜」

「何食べたい?」

「ラーメン」

「昨日も食べたでしょ。」

↑の会話は、実際に我が家でよくある会話です。

ホント、子供達はラーメン好きで困っちゃう。。。あせあせ(飛び散る汗)

そして、フランス人の夫にとっては、この主語のない日本語の会話が困っちゃうそうなんです。あせあせ(飛び散る汗)

もちろん会話を聞いていればわかるのですが、フランス人の夫には、主語がなくても会話が成り立つ日本語は、とても不思議なようです。

フランス語は・・・と言えば、主語なしでは文を作ることができません。

主語は、それ以降の文を導く、言うなら、電車の先頭車両のようなものです。新幹線

その主語になる代名詞が 「人称代名詞」

これは、英語の「I」や「you」、「he」などにあたるもので、一人称 〜三人称まで、それぞれ単数形と、複数形があります。

まずは、こちらにまとめて表にしてみました。↓↓↓

              単数         複数

一人称  私      je         nous

二人称  あなた    tu         vous

三人称  彼 彼女   il/elle  ils/elles


そして、上記の人称代名詞ともう一つ、忘れてはならないのが 不定代名詞 “on” です。

これは、3人称単数の主語として用いられますが、口語では、nousの代わりに 「私達」と言う意味で非常〜〜〜〜〜〜によく使われます。

私も、普段の会話ではnousを使うことはあまりなく、ほとんどonを使っています。

それほど良く使われる便利な言葉ですので、是非覚えて使ってみてくださいね。

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by フランス語会話ゆみ at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。