フランス語の発音

2011年09月11日

フランス語の発音

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

フランス語を勉強する時、およそほとんどのテキストは、「発音」から始まります。

せっかちの私は、こういう部分は飛ばして、手っ取り早く「ボンジュ〜ルかわいい」 とか、「シィルヴプレェ〜〜るんるん」なんて、華やか〜で、優雅なフランス語を勉強したいと思ったものです。

もしも海外旅行でフランス語を使う程度なら、正直言って「発音」から勉強する必要はないかもしれません。

「フランス語会話」の類の本には、親切にカタカナで読み方が書いてあるので、その通りに読めば事足りるでしょう。

しかし、フランス語ともう少し仲良くなりたいのなら、「発音」の学習は不可欠です。

発音ができなければ、会話ができないだけではなく、街角の看板も読めないからです。

とは言え、発音の決まりごとはいくつかあり、フランス語を学び始めて間もない人にとっては、そこに書かれていることを読んでも、すぐに理解できないでしょう。

それらは、学んでいくうちにわかってくる部分もあるので、ここで全部わかる必要はありません。

「発音」で大切なことは、フランス語には6つの母音字「a.i.y.u.e.o」があるということです。

日本語でローマ字を勉強する時のことを考えてください。

「a.i.u.e.o」(アイウエオ) を知らなければ、「ka」も、「sa」も理解できません。

同じように、フランス語を読むうえで、母音字はとても重要です。

フランス語には16の母音がありますが、その母音の元になるのが母音字です。

16の母音を覚え、発音を明確に区別することはすぐにはできませんが、まずは全ての基礎になるこの6つの母音字は、是非覚えてください。

諦めていたフランス語が驚くほど上達した本当の勉強法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by フランス語会話ゆみ at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。